バナー

太陽光発電は環境に優しい

原子力発電所は長い間万能な電力発電であると世界中で信じられてきました。

しかしながら、震災によって原子力発電所の脆弱性が見つかり、人々の間で脱原発の声が高まりました。脱原発の声とともにシェアを拡大したのは、太陽光発電です。


太陽光発電は、太陽光を用いて電力生産を行う方法で、永久的に電力を生産することができることから、再生エネルギーの代表格として注目を集めています。

電力の生産効率の面から依然として原子力に対する依存度は変わりませんが、世界各国で再生エネルギーを模索する動きが見られるようになりました。

原子力発電に重度に依存するエネルギー政策から脱却し、様々なエネルギーを組み合わせて電力を賄うベストミックスという考え方が現在主流となっています。

エネルギー政策においてベストミックスと言う考え方は理想的な政策です。


エネルギー供給源の多様性を確保することで、リスクを分散することができます。
震災によって原子力発電所が被害を受け、社会が麻痺してしまったという苦い経験から生まれた新しい考え方です。

現在、太陽光発電によって生産された電力の買取制度が導入されて運用が始まっています。太陽光発電については、発電効率を高めることと、買取価格を現実的な価格に下げること、さらにはソーラーパネルの耐久性を技術開発によって高めることなどが今後の課題となっています。

https://www.youtube.com/watch?v=_YhHM6VLQe4
http://matome.naver.jp/odai/2141310266164679701
https://www.facebook.com/pages/コンピュータソフトウェア協会/435135273262515?rf=295775573894119